みずき整骨院 > 八幡西区の鍼灸治療 > 便秘・下痢の鍼灸治療

便秘・下痢alternating diarrhea and constipation

症例一覧

便秘constipation

便秘のイラスト

便秘とは大便が固くなり、排便時間の延長、または便意はあるが排便困難であるなどの状態です。便秘の場合、通常水分の少ない便が数日に一度出る場合がほとんどです。
急慢性疾患の1症状として現れるものや、習慣性の便秘として単純に現れるものとあります。

通常は1日1回ですが、人によっては2〜3回便が出るのも普通であり1日に1回の排便では足りない人もいるくらいです。

体内に便が溜まることは、毒が溜まってるのと同じなので美容や健康に大変よくありません。
中医学(東洋医学)で排便は健康のパロメータであり、大変重要視します。

ページトップへ戻る

適応となる便秘

@「弛緩性の便秘」
〜運動不足や腹筋等の低下などにより腸の蠕動運動が弱くなり、便を出す力が足りない状態になって起こる。

A「痙攣性の便秘」
〜腸管運動のリズムが乱れ胃、腸が引き攣った状態になり、便の通りが悪くなることで起こる便秘。

B「直腸性の便秘」
〜トイレを我慢し続ける事で便が直腸に達しても便意が起きず、蠕動運動が起きない便秘。

ページトップへ戻る

治療法

便秘治療は食生活や生活習慣も大事です

腸管運動を促すツボとして合谷、足三里が手足に有り蠕動運動を活発にさせます。
また腸の機能を調整する目的で下腹部、腰背部の筋緊張や固い場所、反応点に治療し同時に自律神経を整えるようにします。

毎日の快便は美容と健康のバロメーターです。食生活、生活習慣も含め、体質も改善していきましょう。

1、辛い物の偏食は控える。

2、適度な運動を行う。

3、病後、産後の体力回復に気を使う。

4、冷え性や虚弱な人は身体を冷やさない工夫をする。



ページトップへ戻る

下痢diarrhea

下痢のイラスト

下痢になると、便が軟便になったり水様便になるほかにも腹痛、嘔吐、発熱などの別部位の不調が伴う場合もあります。 特に、大腸では水分が吸収されなくなる脱水症状には注意が必要です。

下痢の時には食欲が減退し体力が消耗していきますので、早期の治療が必要となります。

原因は様々でストレスからくるものや、ウイルスからくるもの、カフェインやアルコールなど腸を刺激するものを過剰に摂取した時に下痢を起こします。他に潰瘍性大腸炎やクローン病などの難病もあります。

ページトップへ戻る

鍼灸の適応となる下痢

機能性のものや情緒的ストレスからくる下痢が適応となります。
中医学的に大まかには、以下の様に下痢を分類します。

@偏食による下痢
〜暴飲暴食や油っこいもの、生もの、冷たいものを食べ過ぎたりし、下痢が続く場合。

A精神的ストレスによる下痢
〜緊張しやすい人で精神的ストレスにより下痢が続く場合。

B元気がなく、疲れやすい人の下痢
〜普段から元気がなく、慢性的に下痢になっている場合。

※便に血が混じっていたり(血便)、癒着による腸の狭窄の場合は鍼灸の適応ではありません。




ページトップへ戻る

アクセスAccess/Parking lot

ページトップへ戻る

みずき整骨院 受付時間


スマホ向け表示



アクセス

施術メニュー

症状別

「エキテン」

対応地域

Copyright(C) みずき整骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.