鍼治療Acupuncture

鍼治療Surgical operation with the acupuncture

「鍼は痛い」というイメージがありますが、当院で使用する鍼は
注射はもとより縫い針よりもさらに細い、0.2mmの太さしかありません。
髪の毛が0.08mmくらいなので、細さがお分かりになると思います。

さらにその先端はもっと細く、刺入時には殆ど何も感じないかチクッと感じる程度です。
また鍼は、使い捨てのものを使用しておりますので、感染などの心配もありません。




鍼鍼の大きさ、太さ

パルス療法

パルス療法(電気鍼)


パルス療法
とは刺入した鍼に電極を付け、低周波を通電させ筋肉に刺激を与える治療です。
通常使われる低周波治療器に比べて、身体の奥の患部に直接刺激を与えます。

一般に電流には流れやすい方(電気抵抗が低いほう)に流れるという特性があります。
したがって鍼を筋肉内まで刺入して通電すると、電気抵抗が低い筋肉の方へ流れます。
そして電気に反応しやすい筋肉や神経が興奮し、活動することになります。

通常、慢性の腰痛、肩こり、坐骨神経痛の場合は筋肉のコリや疲労が原因の場合が多く、パルス療法の適応になります。

ページトップへ戻る
IMS療法

IMS治療(筋肉内刺激法)

IMS治療とは筋肉内刺激法のことで、太さ0.24mmほどの使い捨て鍼を使い、ツボに刺激を与えて痛みに対して行う治療です。
0.24mmとは血液検査用の注射針ほどの太さで(髪の毛ほど)、一般的な注射ほどの痛みはありませんがツボに対して直接の治療なので、刺激は強い治療となります。

こうした鍼の刺激によって筋肉のコリや痛みを和らげ、筋肉の柔軟性を回復し、関節を動きやすくするなど、ちょうど深い部分の筋肉をマッサージしたような効果が得られます。

IMS療法


反面治療の刺激があるので、鍼の刺入時に感じた痛みが半日程度続いたり、マッサージ後の「揉み返し」のように1〜2日は治療した筋肉を中心にだるさが残ったりします。

しかし痛みの原因のツボに直接鍼を打つわけですから、痛みを取る効果はかなり高いといえます。

ページトップへ戻る
運動鍼

運動鍼(うんどうしん)


肩、首、腕、足などに鍼を刺入し、そのあと関節を動かして刺激を与える治療です。

刺されたことがわからない場所もあれば、少し痛みを感じるところもあります。
鍼を刺したところの神経に触れたかどうかによって変わったりします。

いずれにしても、鍼を刺されることによる痛みは、想像してたよりずっと小さいと言われることが多いです。主に凝りが強い、痛みが強い症状に行う治療です。

ページトップへ戻る

鍼が痛みになぜ効くか?


手当てのイラスト

体のどこかぶつけたときに、そこをさすると少し痛みが和らぐという現象は、太い線維の神経を刺激することで痛みの信号が伝わるゲートを閉ざしているのだと考えられます。

(ゲートコントロール説といいます。)それと同じ原理で、行うのが鍼治療です。

この理論での治療は、根本的に治っているというワケではなく、痛み止めの作用と似ていて、ひとまず痛みを抑える事で、患者さんの苦痛を和らげるというのが目的となります。

ページトップへ戻る

鍼治療の後は安静にする

  
鍼灸後に養生するイラスト

鍼をした後は、運動は行わずに安静が基本です。

入浴は構いませんが、長風呂は控えてください。アルコールもいけません。身体が疲れることは控えて、ゆっくり養生に努めてください。

また治療をした後に、だるくなったり、一時的に痛みが強くなったりすることがありますが、これは好転反応と言って身体の反応なので心配はいりません。

一般に好転反応は、鍼治療の経験が浅い人ほど出やすく、逆に鍼に慣れてる方は出にくかったりします。

好転反応は、たいてい1〜2日くらい続き、長くても3〜4日で収まります。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

関連ページ Page concerned

アクセスAccess/Parking lot

みずき整骨院 受付時間

ページトップへ戻る



アクセス

施術メニュー

症状別

「エキテン」

対応地域

Copyright(C) みずき整骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.