みずき整骨院 > 症状別のお悩み > 八幡西区の腰痛治療 > 腰の障害・痛み

腰の障害Waist disorder

腰椎分離症の分類spondylolysis

腰椎分離症


腰椎分離症イラスト

腰骨の前方の椎体という部分と、後方の椎弓という部分の連続性が断たれてしまう疾患です。

腰に大きな衝撃が加わり発生することもありますが、スポーツなどで繰り返し外力が腰骨に加わることによって発生する、腰骨の疲労骨折と言われています。

青少年期のスポーツをする人に多くみられ、第五腰椎に発生しやすいです。

ページトップへ戻る

腰椎すべり症


腰椎すべり症イラスト

椎骨が前後にずれている状態です。

分離症に伴って起こるすべり症(分離すべり症)と、分離に伴わないもの(変性すべり症)とに分けられます。

分離すべり症は椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、さらに成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性するなどして発症します。

分離に伴わないすべり症は、椎間板の変性によるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となっています。

ページトップへ戻る

症状

主訴は腰痛、臀部痛で、運動や体を動かした後に出現したり悪化しやすく
特に身体を後ろに反る動きで痛みが誘発されやすいです。

また痛めた骨の中央部を押さえて、押圧を加えると強い痛みが出るのも特徴です。

分離症やすべり症の場合、痛みを我慢してスポーツや仕事を続けていると、骨の癒合が中々うまくいかずに痛みを長期に渡って引きずることがありますので注意が必要です。

また長期に渡って分離症やすべり症を放置した場合、完全に骨がくっつかなくなることもあります。

ページトップへ戻る

治療


腰痛への電気鍼写真

治療は手技療法や鍼通電療を行います。
鍼治療が苦手な人には、電気治療と手技療法で治療いたします。

腰椎分離症などでの固定は軟性コルセットを使用し、骨の癒合が確認できるまでは腰を使う運動は控えますが、若い人でも骨の癒合までは半年ほどかかることが多いです。







ページトップへ戻る

関連ページ Page concerned

ページトップへ戻る

アクセスAccess/Parking lot

ページトップへ戻る

みずき整骨院 受付時間


スマホ向け表示



アクセス

施術メニュー

症状別

「エキテン」

対応地域

Copyright(C) みずき整骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.