坐骨神経痛sciatic neuralgia

坐骨神経痛sciatic neuralgia

大腰筋、腸骨筋イラスト

筋肉が原因による坐骨神経痛の場合、腰や殿部の深い場所にある大きな筋肉(大腰筋など)の痙攣によって神経根を圧迫してしまい、足への放散痛や痺れなどの坐骨神経痛が発症することがあります。

上記の筋肉の下には坐骨神経が走行しており、筋肉が過度に緊張、痙攣することによって神経を圧迫し痛みや神経症状が出現します。

いわゆる腰椎椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症などにおいても、根性坐骨神経痛の原因となりえます。




症状

坐骨神経痛イラスト

@座っていると楽だが立ち上がる動作や身体を反らすのがきつい。

A身体を丸めていると楽である。


B親指や小指だけなど足の一部だけではなく、足全体に痺れや痛みが出る。

以上のような症状があれば、深部筋肉の痙攣が原因による坐骨神経痛の可能性が高くなります。

また腰の牽引治療などで過剰に収縮した筋肉を、無理やり伸ばすことで
痛みが増悪したりする場合にも、この症状の可能性が高くなります。

ページトップへ戻る

治療

先ずは整体や物理療法(電気治療)などによって、原因のある筋肉をほぐしたり
身体のバランスを整える治療を致します。

しかし深部にある筋肉の痙攣は、経皮的電気治療器(一般的な低周波)では
悪くなっている所まで中々刺激が到達せず、アプローチをかけるのが大変困難です。

よって通常の治療では中々改善が見られない場合には、筋肉が原因による足の痺れに対して
固くなった深部の筋肉に鍼を打ち、そこに電気をかけることによって筋肉の再教育を行い
筋スパズムを取り除きます。

坐骨神経痛への電気鍼写真
坐骨神経への鍼治療|
硬くなった筋肉に鍼を刺し、電気を流して筋肉をほぐします。

ページトップへ戻る

アクセスAccess/Parking lot

ページトップへ戻る

みずき整骨院 受付時間


スマホ向け表示



アクセス

施術メニュー

症状別

「エキテン」

対応地域

Copyright(C) みずき整骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.